丹那断層公園

箱根芦ノ湖から伊豆市修善寺まで続く長さ約30キロメートルの丹那断層帯の代表的な断層で、周辺には近接して7つの断層が知られています。
東京大学地震研究所の発掘調査によって、過去6000年から7000年の間に小さな活動も含めて9回の断層活動があり、その中には『続日本後記しょくにほんこうき』に記録が残る、承和じょうわ八年(西暦841年)の伊豆国大地震の震源が丹那断層であることもわかってきました。
断層は約700年から1000年の周期で定期的に活動する活断層かつだんそうで、昭和5年の活動により北伊豆地震が発生しました。指定地には、石組のゴミ捨場・水路・石垣があり、これらのほぼ真ん中を断層が通っているため、地上の目印となり水平の横ズレ(約2.6メートル)が良くわかります。
トイレを併設した休息所には丹那断層の解説や図解板、北伊豆地震の被害状況などの写真パネルなども展示しています。

丹那断層公園 施設情報(詳細は当該HP
にて確認をしてください)
料金無料
所在地静岡県田方郡函南町畑字上乙越253-4
電話番号函南町教育委員会 生涯学習課/055-979-1733
営業
アクセスJR函南駅・JR熱海駅より車で約20分
HP函南町HP 丹那断層公園
MAP