かんなみ 仏の里美術館

平安時代の「薬師如来像」や鎌倉時代の「阿弥陀三尊像」など、二十四体の仏像群が、里人の厚い信仰心によって守られてきました。

仏像群には、国指定重要文化財の阿弥陀如来及両脇侍像や静岡県指定有形文化財(薬師如来坐像、毘沙門天立像、聖観音立像、地蔵菩薩立像、十二神将立像)があり、全国的に貴重な文化財が含まれています。

町民の財産である貴重な文化財を、後世に保存継承するとともに、多くの方々が鑑賞し、学ぶことができる施設です。

開館時間:午前10:00~午後4:30 休館日:毎週火曜日、12月29日~1月3日 ※火曜日が休日の場合は、直後の平日

注:団体様は10名から80名(入替可)まで、2日前までのご予約をお願いいたします。

体験情報
料金大人:300円(高校生以上)
小・中学生:100円
団体様200円(10名以上)
期間通年 OPEN10:00-16:30
時間30分程度(ボランティアガイドの説明あり)
人数1人から80名まで(団体は応相談)
年齢年齢制限はありませんが、幼児は保護者の同伴が必要です。
備考定休日毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその直後の平日休館)・12月29日~1月3日
日本語 英語・北京語・広東語・韓国語のパンフレットあり
施設名かんなみ 仏の里美術館
住所〒419-0101 静岡県田方郡函南町桑原89番地の1
電話・FAX番号TEL:055-948-9330
FAX:055-978-0894
ホームページhttp://www.kannami-museum.jp/use.html